温泉水のオールインワンゲルおすすめは?

オールインワンゲル比較 これがおすすめですよ
  1. ホーム
  2. オールインワンゲルの温泉水成分は美肌に効果あり?効果なし?
オールインワンゲルの温泉水成分は美肌に効果あり?効果なし?

温泉につかったあとの肌のしっとり・すべすべ感をオールインワンゲルで体感 | メディプラスゲルは出雲玉造温泉水配合! 美肌のヒミツは温泉にあり

温泉水配合のオールインワンゲルのパワーでつるつる・すべすべ美肌を目指そう

今や女性の毎日のスキンケアの定番となったオールインワンゲルですが、自分にピッタリのコスメを選ぶのに、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど、どんな美容成分が配合されているのか、美容成分にこだわって選んでいる人がほとんどではないでしょうか。

定番の美容成分が配合されているだけではなく、分子量が小さくて肌の内面まで浸透するタイプのコスメを選ぶのは当たり前です。そして、オールインワンゲルのベースとなる水にもこだわりたいですよね。

オールインワンゲルは、ジェル状のコスメなので、水分がたっぷり含まれています。ベースとなる水分は、肌を優しく包み込み、日本人女性の肌質に合う軟らかい水質のものでなければなりません。

温泉水が配合されたオールインワンゲルは、肌触りがとてもなめらかで、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分が肌の内面にまでしっかり届けられます。「納得のいくものを探してはいかがでしょうか。

温泉につかったあとの肌のしっとり・すべすべ感をオールインワンゲルで体感

温泉が好きな人なら、これまで全国各地の多くの温泉地に行って、ゆっくりと湯船につかり、全身の肌のしっとり・すべすべ感を体感できたことでしょう。温泉には実にさまざまな泉質があり、単純泉や酸性泉、炭酸泉など、日本国内には数多くの温泉地がありますが、温泉の色やニオイ、お湯の軟らかさなど、特徴がまったく異なるものです。

温泉の泉質は、単純泉に分類されていても、お湯の色や成分には微妙な違いがあります。美人の湯で有名な温泉地も全国各地に数多く点在していて、若い女性が多く訪れています。

美容成分がたっぷり含まれたオールインワンゲルをすでに使っている人も多いのですが、美容成分を肌の奥深くに浸透させるには、ひとつひとつの美容成分の分子量を細かくすることはもちろん、ベースとなる水質も重要ポイントになります。

水道水は水の分子量が大きく、有害物質も多く含まれていますが、温泉水は水がとても軟らかくて天然の美容成分が豊富に含まれていて、肌を優しく保湿します。

温泉につかった後の肌のしっとり・すべすべ感をオールインワンゲルで体感したい、そして敏感肌の女性にも毎日安心してスキンケアが続けられるように、こだわって作られたのが、「これ1本で・・」のテレビCMですっかりおなじみとなったメディプラスゲルです。

メディプラスゲルは出雲玉造温泉水配合! 美肌のヒミツは温泉にあり

メディプラスゲルは、女性の肌への優しさと美容成分の浸透力にこだわり、ベースとなる水にも徹底的にこだわりました。日本国内で最古の美肌温泉、美人の湯と言われる島根県の出雲玉造温泉水をペースに作られていて、1300年以上もの古い歴史と伝統のある名湯です。

昔から、地元の人々の間では、美肌の湯と呼ばれてきました。湧き出る温泉には不思議なパワーがあり、初めてこの温泉に入浴した人は、肌がしっとり・すべすべになり、2回目に入浴すると心身ともに癒やされ、皮膚の疾患や病気が治るとも言い伝えられてきたことから、いつしか神湯と呼ばれるようになりました。

玉造温泉の泉質は、塩化物泉、カルシウム硫酸塩で、弱アルカリ性泉です。塩化物泉は、肌の保湿と保温を高める働きが期待されており、弱アルカリ性泉は、肌の硬くなった角質を柔軟にして、老廃物を排出させやすくして、顔の気になるくすみをスッキリさせて、すべすべ・しっとり肌に導いてくれます。

温泉地によっては、少しぬめりが感じられる泉質もありますが、玉造温泉の湯は、低張泉で、お湯が軟らかくてサラッとした特徴があります。肌になじみやすくて、温泉の天然の美肌成分が肌の内面まで浸透します。

玉造温泉の泉質は、全国各地に点在する美人の湯・美肌の湯と比較しても、素晴らしい泉質で、入浴するたびに肌の角質が軟らかくなり、肌のキメが整い、毛穴の開きや黒ずみ、くすみ、乾燥などの肌トラブルを抱えている人におすすめです。

温泉水が含まれたオールインワンゲルを探してみても、そう簡単に見つかるものではありません。肌への優しさと浸透力にこだわって厳選された天然の美容液玉造温泉のパワーがギッシリ詰まったメディプラスゲルが、今もっとも多くの女性に愛用されていて、1本使い切る頃には、またリピートしたくなることまちがいなし!ですね。

メディプラスゲルの詳細を見る メディプラスゲルの公式サイトを見に行く